ディーラーくるま買取と中古車買取専門店どっちを活用がいい?

自動車メーカーのディーラーと、シーエムでもお馴染みの中古車買取専門店等車の買取をする場合には大きく2つの種類の専門店があると思いますが実際にはどちらの買取がいいのかどちらを活用すれば価格買い取りできるのかをこちらの記事で紹介していきたいと思います。参考にしてください。



ディーラーでも高く買取りできるのか?

どちらが良いのかと言う前にディーラーでは高く買い取っている期間がありますので紹介しておきます。ディーラーではユーザへの還元サービスと称して様々な企画を打ち出しています。その中の1つに下取り還元キャンペーンがありますが、こちらはその名の通りズバリ下取りの金額を上乗せしてくれるキャンペーンです。金額に誤差は少々あるかもしれませんが一例を挙げますと一律で下取り金額を10万円、査定額下取り額より底上げをしてくれるサービスなども行っています。これらは相場金額の提示からさらに100,000円の上乗せをどなたでもおこないますので、ディーラーを利用したいと思ってる方はこのようなキャンペンの時期を利用することがおすすめと言えるでしょう。



ディーラーで買取するときの注意点!

ディーラーで車の買取をしてもらう場合の注意点について紹介していきたいと思います。どのような車の場合でも必ず買取の相場と言うものはあります。そもそも買い取りした車と言うのはその後リサイクル販売をしますので、どの業者が買い取りした場合でも必ず次に得ることを考えて買取しています。ですので相場での買取をしてしまうとその後の販売の販売金額が確実に上がってしまいますので業者としては出来る限り安く買い取りたいと言うのが本音です。ですのでディーラーの中には担当営業マンによっても異なると思いますがまれに相場よりも低く査定を提示してくる場合があります。この場合本当の車の価値は500,000円の場合でも担当者によっては300,000円と提示されることがあると言うことです。こればかりはその時には判断できませんので注意深く査定額を知る必要がありますが、なかなかディーラーだけでは判断できませんので、ディーラーで売却を決めている場合であっても他の買取専門店にも査定を依頼してみて、他の業者がいくらで提示してくれるのか愛車の買取相場を調べる必要が出てきます。一緒ではなく2社3社と複数の買取店から査定を見積もってもらうことでこのような創製しまうリスクを軽減することができますのでぜひ試してみてください。



できる限り高く売るためには!

車を売却する際に可能な限り高額での買い取りを希望している場合の高く見積もってもらうポイントがありますので紹介しておきます。その方法がディーラーどうしでの競合比較です。新車などを次に乗る車を決めてる場合は経営資本の違うディーラーをいくつかピックアップしておきましょう。それらピックアップしたディーラーを回りすべてのディーラーで、下取りの見積もりをしてもらいしっかりと見積書の提示をお願いしましょう。さらに各店舗でその見積書提示してみて下さい。ほぼ確実に査定額を引き上げることが可能です。なかなかそのような事はありませんがもし万が一すべてのディーラーで同じ金額の査定見積もりをされた場合は、その中で最も好印象であったり今後長いお付き合いをしたいと思えるディーラーで売却を決めましょう。しっかりと見積書を提示してもらうことで査定額の証明書作成ができるんです。下取り額の比較をするだけですので難しい交渉などは必要ありません。もし車の売却が苦手だと思っている方はこのような方法で試してみることをおすすめします。